クレジットカードで支払いする時の注意点って?

クレジットカードを使った支払いでは、あらかじめ気をつけたいことがあります。
まず第一は支払い可能かどうかという点です。
支払いを片端からクレジットカードで済ませていると、気づけば支払いができなくなっている場合もあるようです。
口座に残っていたお金があとわずかで、クレジットカードの支払いができなくなるなどです。
クレジットカードで支払いが滞ると、自分の信用がなくなってしまう可能性あります。
確実に支払いができる金額のみ、クレジットカードで使うようにします。
クレジットカードで支払いを済ませた場合、クレジットカード会社への支払いが終わるまでは伝票を残しておくようにします。
なぜならば間違った請求がきたりということも考えられます。
手元に伝票が残してあれば、クレジットカード会社からの請求にそごがあってもすぐに気づけます。
いったんはクレジットカードでの決済をしたけれど、やっぱり支払いを中断して買わなかったという事態も起こりえます。
キャンセル伝票をもらうことが大切です。
キャンセル伝票をもらっていれば、2重の請求があった時にも、無用なトラブルを防ぐ事ができます。
クレジットカードの支払いは使いやすく非常に便利ですが、何かあった時に対処できるよう、普段から利用履歴や支払いに関するチェックを習慣づけておきましょう。