引っ越しをしたら転居先のマンションがフレッツ光しか使えませんでした

転居をしたら、転居先の住居がフレッツ光しか契約していませんでした。
かねてから使用していた通信会社を一新することなく行使したかったのですが、他に選択の余地がなく、利用を決めました。
月ごとのことなので前の倍の料金の負担が重いです。
wimaxのキャンペーンはものすごくお得感のある内容が大量です。
私が契約した当時は、インターネットサイトから契約すると、特典がある内容でした。
特典を実際にもらえるのは、契約した時から1年後だったのですが、キャッシュバック金額が高かったので、良かったです。
どうせ契約するのであればより得なほうがいいわけですし。
引っ越す場合や速度の問題などでインターネット回線を変更するケースや新規の回線申し込みの際は、キャンペーン期間の間に申し込むと得します。
よくご存じのフレッツもキャンペーンをよくやっていますので、ちょくちょくチェックして調べておくといいのではないでしょうか。
フレッツではクレームが多数寄せ集められており、その一つに加入して一ヶ月後くらいに、突然ネットが繋がらなくなるといったことがあります。
この件の場合、最初の設定にそもそも間違いのあることがわかって、無事に利用できるようになったみたいですが、こういった、クレーム事例は毎日のように寄せられているそうです。
光回線にはセット割が設けられているケースが結構あります。
セット割は、光回線と携帯回線を同じ時に契約してしまうもので割引を受けられるというようなものです。
この分野は、以後キャリア大手による競争の激化が予想されております。
ワイモバイルに乗り換えすることによって、今の携帯料金に比べて結構安くなると広告などで見かけます。
それでも、本当に安くなるとは限らないのです。
また、パケ放題のプランがない上、最大でも7GBまでの制限が他社と同様にあって6千円程度かかりますので、あまりお得な感じはないこともあります。
最近、光回線の業者が高齢の方が住むお宅を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力の劣った高齢者をうまく言いくるめて契約させるなど、光回線に関連した契約トラブルが増えてきております。
この事態を深刻にみて、総務省では契約より八日以内なら解約できる光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を明らかにいたしました。
どの光回線を選べばいいのか迷った時には、おすすめがのせてあるサイトを参考とするといいでしょう。
多々の光回線を扱っている会社を検討してくれているので、その中から自分にぴったりなものを取捨すれば良いでしょう。
お得なキャンペーンが実施されていることも見つけることができるでしょう。