災害時に行うボランティアの紹介とは?

近年では、東日本大震災がありました。
(涙)この様な大地震を始めとして、台風等の風水害時などがあります。
これらの災害には、災害救援ボランティア活動と言うのがとても大きな貢献をしているそうですね。
そんな団体があるってしってました。
当然のことですが、こうした災害ボランティア活動には、とても大きな期待が込められています。
(笑顔)しかし、その活動が被災地にいる人々とか、同じくボランティア活動をしている他の人には、負担や迷惑をかけないように安全に気を使う必要がありす。
(汗) また責任もありますよね。
そこで災害ボランティア活動をしようとしている人のために基本的な注意点を挙げています。
<災害ボランティア活動の基本的な注意点>地震などが起きてボランティアをしようとした場合、そうした活動は、押し付けではダメです。
やはり自分の意思と責任の基で参加し活動することが基本になります。
(笑顔)ボランティアに行く場合は、被災地の情報、状況をしっかりと収集してください。
それからボランティア活動をするかしないかを判断します。
その必要があります。
そして、現地にある災害救援ボランティアセンターがあるので、参加方法、注意点についても聞いておきましょうね。
ボランティアは、綺麗なことは殆どないと考えておいてくださいね。
当然、危険が伴う場合もあります。
それに力仕事などに重労働になることありますよ。
誰も体調管理をしません。
ですから、自分自身で判断します。
そして、宿泊、水、食料なども自分達で何とかできるようにしておきましょうね。
ですから、ルールが必要になりますよね。
被災者は、長期に渡る避難生活で心身ともに弱っています。
ですから、そうした方々の気持ち、プライバシーに配慮してあげましょう。
(笑顔)
非常食 缶詰・ドライフードランキング